トップ

コラーゲンの減少が原因の乾燥肌

女性が40代に入って気になってくるのは「更年期」のことではないでしょうか。現代の女性の平均閉経年齢は50歳。更年期は閉経年齢を挟んで前後5年ずつと言われているので、45歳~55歳くらいの間が、一般的な更年期の年齢に当たるんですね。この更年期では、女性の体は思春期を上回るほどのホルモンバランスの乱れが起こるので、いわゆる「更年期障害」として身体にツライ諸症状が現れることになります。

この更年期障害の症状の1つに、実は40代の女性が悩まされている「乾燥肌」も含まれます。更年期というのは、新しい卵子を作らなくていいよという体の大きな変化なわけですが、この変化には「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの女性ホルモンが大きく関わってきているんですね。

中でもエストロゲンというのは、女性の心身に大きな影響を与えるホルモンで、コラーゲンの生成などにも大きく影響しているので、更年期によってエストロゲンが減少すると、更年期障害の症状としてコラーゲンのたっぷり作られない肌はたちまち乾燥肌へと変わってしまうのですね。

乾燥肌になると、以前はオイリー肌で悩んだ人も、びっくりするくらい「乾燥による痒み」に悩まされるようになります。乾燥肌というのは皮膚の表面がめくれやすくなるので、見た目には見えなくても、外部の刺激を受けやすい状況になっており、痒みが生じやすい状況になっています。

こうした更年期障害による乾燥肌なのですが、40代女性の中には自分が乾燥肌になったことを「更年期のせい」ではなく「年齢のせい」としてしまう人がいて、「年齢のせいだからお手入れをしてもムダかな」と思い込んでしまう人もいるようです。他にも更年期障害による乾燥と気づかずに、乾燥肌へのアプローチの仕方を間違ってしまう人も。

今回はこうした「更年期障害による40代女性の乾燥肌」にスポットを当てて、乾燥肌の克服方法や、乾燥肌がもたらす怖い事実をご紹介していきます。

Copyright © 40代の乾燥肌の原因は更年期. All rights reserved.